logo

オフショア投資とは

オフショア(Offshore)を辞書で引くと、「沖合に」「沖合の」「海外の」と言った意味が載っており、海外を意味します。従ってオフショアファンドとは、海外で設立された商品を運用しているファンドのことです。これらのファンドに直接投資し資産運用を行うことをオフショア投資または海外投資と言います。

オフショア地域には、タックスヘイヴン(租税優遇国/疎開地)またはオフショア金融センターとも呼ばれる、税制上の優遇を受けることのできる金融特別区があります。産業・天然資源に恵まれない小国・離島が、産業の引き留め及び世界中の資本・資金の流入を目的として、金融に対する合法的優遇措置を設定した「金融特別区」のことです。代表的な地域として、チャネル諸島やケイマン諸島等が挙げられます。金融優遇措置を受けるために、これらの地域に世界中の金融機関が事務所を設立しています。

オフショア商品のメリットとデメリット

メリット

海外籍のファンドに直接投資することにより、国内の金融機関で販売されている日本籍に変更したファンドよりも高い収益を期待できます。国内の金融機関ではまだ取り扱われていない金融商品に投資できるのも魅力のひとつです。

デメリット

歴史的に、欧米・中東・アジアの富裕層を対象にしていたため、使用言語が主に英語となり、日本人には使い勝手が良くないという面があります。

主なオフショア金融センター

スイス

永世中立国として知られており、歴史上の数々の革命や動乱の中で、王侯・貴族の資産を守り続けてきました。その様な歴史的環境から金融立国の地位を築き上げてきました。また、プライベートバンクの発祥の地として有名です。その実績のある安全性・確実性から今日でも世界中の資産家がスイスの金融機関に信頼を寄せています。

ルクセンブルク

ドイツ・フランス・ベルギーに囲まれた小国で、1人当たりのGDPは世界トップです。非居住者は所得税・キャピタルゲイン税・相続税・源泉税が免除されています。欧米及び日本からも220以上の銀行が業務を行っており、プライベートバンキング業界は今やスイスと肩を並べる程にも成長しました。

マン島

英国本土とアイルランドの間の海に浮かぶ英国領の島で、オートバイレース(マン島TTレース)でも有名です。議会制度は千年の歴史があり、自治権も持っています。タックスヘイヴンの地域であり、投資家保護法が整備されています。特に、保険会社への保護が厚く、万が一、保険会社が倒産したとしても、その時点での評価額の最高90%までがマン島政府により補償されています。

チャネル諸島

ガンジー島・ジャージー島等の5島と付属の島嶼からなる英国海峡の島々です。金融機関への審査・許認可が厳重であり、マネーロンダリングに対しては特に厳しく、投資家保護法も整備されているタックスヘイヴンの地域です。

香港

歴史的に英国の影響を強く受けた法律が整備されており、日本との時差も1時間という地理的な理由から注目されています。中国への返還依頼、一国二制度の下、返還後50年間の自治権と本土と異なる行政・法・経済制度の維持が認められています。

シンガポール

マレー半島南端に隣接するシンガポール島と周辺の島嶼を領土とする都市国家です。 スイスの金融法の影響を強く受けた法律が整備されており、世界金融市場の重要な地域になっています。昨今のEU諸国居住者に対するヨーロッパのタックスヘイヴンの優遇が減少しつつあることから、ヨーロッパにあった資産の流入が顕著に行われています。 東南アジアの中心地として認知されています。



Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project