logo

国際分散投資

「一つの籠に卵をまとめて全部盛ってはいけない。その籠を落としたら全部の卵を割ってしまう。いくつかの籠に分けて盛れば、全部を失うことはない。」という格言があります。

銘柄分散

株に見込みがあるからといって株のみに投資すれば、上げ相場では大きな利益を上げることもありますが、下げ相場になれば損失に変わります。大きなリターンを期待できる代わりに大きなリスクも背負うことになります。
そこで、互いに相関性の低い銘柄に投資することで、リスクを平均化して抑えることができます。例えば、株式と債券が挙げられます。一般的に株式と債券は逆の動きをすることが多いと言われています。

地域分散

投資地域を分散させることでリスクを減らすことです。一般的には、地政学的に相関性の低い場所を選びます。

通貨分散

為替の変動による資産価値の変動リスクを 保有または投資建て通貨を分散させることにより軽減させます。

国際分散投資は、銘柄・地域・通貨等の分散を世界のマーケットで行うことです。国際分散投資を行うことにより、投資がより安定したものになります。


Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project